救急患者の受け入れをするのは医師・設備とも万全の港済生病院

注文住宅と資金計画注文住宅において最大のポイントとなるのが資金計画でしょう。自分の希望通りに家を建てるということはその分お金がかかることになります。建売住宅の場合、決まった工法や資材を使用することでコストダウンを実現しています。それだけに、なおのこと注文住宅は割高に感じてしまうのです。


そのため、事前に入念な資金計画を練っておく必要があります。とくに注文住宅の場合、予算設定に柔軟性があるため、どこまでお金を出すことができるのか、総予算をあらかじめ決めておく必要があるのです。こうしたい、ああしたい、あれを取り入れたい、あの設備も欲しいと希望を並べ立てているとあっという間予算オーバーになってしまいます。これ以上は出せないという総予算を決めておき、その範囲内で妥協していくことが求められるのです。

資金計画における注意点は二つ。まず住宅ローンの利用。賢く活用することが求められます。ポイントはいくつもあります。どれぐらい融資を受けることができるのか、返済期間や金利はどれぐらいになるのか、頭金をどれぐらい用意すべきか。数十年単位での返済となりますから、子供の教育費など将来的な経済状況を見据えた上で計画を立てる必要があるのです。


それからさまざまな諸費用の把握。登記や印紙、近所へのあいさつ回りなど住宅購入にかかる諸費用だけでなく、庭の整備や外溝工事にかかる費用、あるいは吹き抜けやバリアフリー環境にかかる費用など、注文住宅だからこそ出費が増える部分に関してあらかじめしっかりと把握しておく必要もあります。住宅を建てる業者とは別の業者に依頼するケースも考えられますから、その点も資金計画に加えておきましょう。綿密な資金計画があってこそ注文住宅のメリットを最大限に活かし、理想の住まい造りができるのです。