歯科でラミネートベニア

ホームへ戻る > 歯科でラミネートベニア

歯列矯正と学校生活
仲介手数料が無料になる理由とは
家を建てる期間
TV通販の特徴
美容室で流行のパーマにしよう

歯科では、さまざまな方法で歯を白くすることが可能です。歯科でラミネートベニアという方法を選ぶと、あなたの歯の表面を少し削ることになります。削るといってもわずかなものですので、麻酔がなくても痛くはないのです。その後、人口の素材を歯にかぶせて、きれいな輝きのある状態にするのです。かつては歯を白くする方法といえば、ラミネートベニアが一般的でした。その後は歯科でのホワイトニングが盛んになっていきます。しかし、最近になって人口の素材が進化したことから、ラミネートベニアがまた人気を呼ぶようになってきました。

歯科で行うラミネートベニアは、わかりやすくいえばネイルチップのようなものです。形はあなたの歯にそっくりでありながら、歯の上にぴったりと密着させるところが似ています。ただし、ラミネートベニアはネイルチップのように、取り外しができません。一度つけたら、ずっと使い続けることになります。歯にかぶせる素材はいくつかありますが、セラミックを利用されることが多いでしょう。


歯科でラミネートベニアをしてもらうと、どんなに歯の色が汚れていても、短時間で真っ白にすることが可能です。3回から5回の治療で十分ですよ。また、一度治療してもらえば、もう歯の色が茶色く汚れることはありません。また、自分の歯の形に不満がある場合は、白くしながら形を整えることも可能です。ですから、完成後は驚くほどきれいな口元が手に入るわけです。