会社設立と合名会社・合資会社

ホームへ戻る > 会社設立と合名会社・合資会社

もしかして月経前症候群?
乗馬の初心者講座
よくある賃貸トラブル
不動産物件の耐火と防火について
新築戸建てで失敗しないために

会社といえば株式会社と有限会社が有名ですが、その他にも合名会社・合資会社の選択肢があります。会社設立の際にはこれらも念頭に入れておく必要があります。


まず合名会社。これは出資者全員が会社の債権者に対して無限責任を負うタイプの会社のことです。通常、取締役や役員は会社が負債を抱えたり、経営が行き詰った場合にも責任を負う必要はありません。しかし合名会社の場合は、会社の負債を出資者が自ら負担する必要があるのです。リスクが大きくなる反面、出資者の意志が運営に直接影響しやすいという特徴があります。小規模な会社設立に適したタイプといえます。なお、設立の際には無限責任を負う社員が2名以上必要となります。資本金の規定はありません。家族・親族単位で運営する場合に選択されることが多い会社でもあります。

合資会社は無限責任を負う社員と有限責任を負う社員の両方によって成り立っている会社です。合名会社に比べるとやや規模の大きな会社運営に適したタイプとなるでしょう。ただ規模が大きくなればなるほど負債を出した時の無限責任を負う社員の負担が大きくなります。こちらは会社設立の際に無限責任を負う社員と有限責任の社員がそれぞれ1名ずつ必要となります。資本金の規定はありません。


どちらも1円から会社設立が可能な点も大きな特徴となるでしょう。会社運営のビジョンゃ規模、従業員の構成などを踏まえたうえでこれらの選択肢も考慮に入れる必要が出てきます。