建築条件付土地で一戸建てを建てる場合について

ホームへ戻る > 建築条件付土地で一戸建てを建てる場合について

オール電化による暖房について
木造のアパートについて
デザイナーズ住宅の情報を集めるには
CMSの活用法
注文住宅と換気

一戸建て住宅の販売方法のひとつに、建築条件付土地というものがあります。一戸建て住宅には大きく分けて、建売住宅と注文住宅の2種類があります。建築条件付土地とはいわば限定条件がつく注文住宅といえる販売方法です。


どのようなものなのかといいますと、まだ家が建っていない土地の販売と建物の工事請負契約の両方を契約する方法なのです。注文住宅と同様、間取りや外観を希望通りに建てることができる反面、売主が指定した建築業者に依頼することが義務づけられることになります。


土地を購入して注文住宅を建てようと思ってもなかなか土地だけを売っている物件は見つからないものです。そんな時にこの建築条件付土地が選択肢として浮上するのです。建売住宅と注文住宅のちょうど中間といった形でしょうか。

住みたい土地を購入でき、しかも希望通りに家を建てられるのですから一石二鳥といった感じもします。実際よい物件にめぐり合えれば理想的な一戸建てを建てることができるでしょう。ただし、この販売方式にはいくつかの注意点があります。


建設会社が決まっているため、建てる際に制限が加えられるケースがあるのです。その会社が対応していない技術や資材は使用できません。また場合によっては複数の選択肢のなかから選ぶだけしかできないことも。事前にどこまで自由度が許されるのかを確認しておかないと結局、建売住宅と変わらない、ということにもなりかねません。


一戸建てを購入する際の選択肢として、しっかりと内容を踏まえたうえで賢く判断するようにしたいものです。