インプラントの寿命

ホームへ戻る > インプラントの寿命

子犬の誤飲に気をつける
注文住宅で長く住める家を
短期間だけの賃貸住宅
一戸建てと建設会社の経営状況
アトピー性皮膚炎の人の水選び

インプラントはただでさえ高額な費用がかかるものですから、一体どのくらいもつのか、寿命は何年なのかは気になるところです。あちこちの歯科で10年保証とうたっているところがありますが、もともとインプラントは15年はもつといわれているものです。状態によって左右するので一概に言えないのですが、きちんとメンテナンスをしていれば半永久的とも言われています。


永久歯をうしなってしまった人はインプラントと入れ歯とブリッジの三択を迫られると思いますが、入れ歯とブリッジの寿命はご存知ですか?一般的に入れ歯は5年、ブリッジはそれより少し持ちがよく7,8年だと言われています。こう比べると、インプラントの寿命の長さは歴然なもので、きちんとメンテナンスをしていればさらに寿命をのばせるわけですから素晴らしいものですね。

寿命というのは平均的な数字ですから、治療をした医師の腕にも大きく左右されます。上手な医師が治療をしたブリッジが下手な医師が治療したインプラントよりももつことだってあるわけで、そこらを考えると医師選びはとても重要なものだといえます。


また、定期健診で術後もしっかりとメンテナンスをすることも重要だといえます。医師には骨の状態をしっかり見極められる診断力が必要ですし、患者も定期健診をきちんと受けて周囲炎予防を行っていけば、寿命を延ばすこともできるということです。自分の歯でもメンテナンスを怠ると虫歯や歯槽膿漏などいくつもの病気の原因になってしまうのですから、それと同じことだと思います。